“どこでもドア”の気分

LINEで送る
Pocket

こんにちは!スタッフのジュンです。
秋の色が増している雨模様の京都よりお伝えしております。

本日、コンサル先の会社とウェブ会議をしました。
通常ですと、お相手の会社を訪問して直接お話するのですが、少し距離があるためウェブ会議をご提案し、ご賛同いただきました。

ウェブ会議なんて、いまどき珍しくないとは思うのですが、初体験の私にとっては少しワクワクドキドキした出来事でした。

開始の直前まで仕事をし、定時に会議開始。
Skype(スカイプ/マイクロソフトが提供するインターネット電話サービス)を使ってお互いの顔を見ながら進行します。テレビ電話のようなものですね。
事前に準備していた資料を画面で共有しながら説明します。

「ありがとうございました!」とウェブ会議が終わり、Skypeを閉じた瞬間、元の仕事の続きに戻ります。
まるで「どこでもドア」でお取引先から帰ってきた気分になりました。
移動時間0分!
会議に要する時間は、会議をしている間の時間だけ!!(当たり前ですが…)
本当なら、往復2時間ほどかかるはずでしたので、本当に有難かったです。
ウェブ会議を受け入れてくださったお取引先様と、Skypeに感謝です。
ありがとうございました。m(_ _)m

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

関連記事一覧

  1. ナイトキャップ
PAGE TOP