2018年の抱負

LINEで送る
Pocket

 
新年あけましておめでとうございます!!
アッズ・クーのじゅんです!
今年もどうぞよろしくお願い致します。

新年早々に、今年の抱負が浮かびました。

『今年中に本を50冊読む』

たくさんの本をお読みの方からすれば、“たったの50冊”かもしれませんが、
今年の終わりに、50冊読み切っていたとしたら、私は満足感でいっぱいになると思います。
週に一冊ペースです。
フィクションよりもノンフィクションを読むつもりです。

稲盛和夫さんも“自分を高めるために読書をしてほしいと思います。
真剣になって良い本を読むということをぜひとも行っていただきたいのです。”
と『心を高める、経営を伸ばす』の中に書いておられます。

まず一冊目は、『殺人犯はそこにいる―隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件―』です。
【ノンフィクション ランキング】で検索した結果から、興味の持てそうなものを図書館のインターネットサービスで探し、何冊か予約したところ、この本が最初に貸し出されたのです。
殺人事件に特に興味が深いわけではないのですが、Amazonでの評価がとても高く、読んでみたくなりました。

この本が稲盛さんのおっしゃるところの“良い本”なのかどうかわかりませんが、とにかく最後まで読みます。

皆さんの今年の抱負は何ですか?
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

関連記事一覧

  1. 炙りユッケ
PAGE TOP